2013年07月12日

日銀、景気判断「回復」復活 金融政策決定会合で2年半ぶり 日銀、景気判断「回復」復活 金融政策決定会合で2年半ぶり 日銀、景気判断「回復」復活 金融政策決定会合で2年半ぶり 日銀、景気判断「回復」復活 金融政策決定会合で2年半ぶり 日銀、景気判断「回復」復活 金融政策決定会合で2年半ぶり 日銀、景気判断「回復」復活 金融政策決定会合で2年半ぶり


日銀は11日、金融政策決定会合を開き、景気の現状判断を「緩やかに回復しつつある」と引き上げた。判断に「回復」の表現が復活するのは、東日本大震災直前の2011年1月以来、2年半ぶりとなる。円安の定着で大企業の業績が改善しているほか、個人消費が底堅く推移しており、景気が回復軌道に戻ってきたと判断した。前回6月は「持ち直している」だった。
.

 4月に公表した経済・物価情勢の展望(展望リポート)の中間評価も実施。15年度の消費者物価指数(CPI、生鮮食品と消費増税分を除く)の見通しは前年度比1.9%と、4月時点の予想を据え置いた。だが、13、14年度のCPI、13、14、15年度の実質国内総生産(GDP)伸び率の見通しは4月時点にくらべ、それぞれ0.1ポイント下方修正した。
.

 「実体経済の回復がハッキリしてきた」。会見した黒田東彦(はるひこ)総裁はこう強調した。しかし、11日の決定会合では複数の政策委員が「物価見通しについて慎重な見方を示した」(黒田総裁)。4月の段階で木内登英委員、佐藤健裕委員の2人が物価見通しに反対票を投じており、必ずしも一枚岩ではないのも事実だ。
.

 今回13、14年度の物価見通しと、15年度までのGDP伸び率が下方修正されたのは、「先行きの海外市場の需要が弱め」(黒田総裁)だからだ。とくに中国は金融システムへの懸念が高まっている。国際通貨基金(IMF)は中国の13年の経済成長率見通しを下方修正した。中国を含む新興国経済の減速から非鉄金属といった資源価格の市況が下落傾向にあることも、物価見通しを下方修正する要因になったようだ。
.

 4月に日銀が「異次元」の金融緩和を導入して以降、一時調整局面はあったが、円高是正が進み株価も上昇した。円安は海外市場での価格競争力を高め、黒田総裁も「輸出は持ち直している」との認識を示した。企業の業況感も大幅に回復しており、株高などを背景に高額商品が売れるなど個人消費も底堅い。だが、中国など海外経済が変調をきたせば、円安で輸出が持ち直していた日本経済には大きな打撃になる。
.
posted by specialvalue at 09:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。